多摩川


1月27日に三味線のお浚い会で多摩川を弾きます。合方が超難しいです。トチチリ、ドツツル、竿の上下運動付き。これを速い間で等間隔に弾く!無理です!

美学の五三郎先生のは神業です。とにかく少しでも限界値を上げるべく頑張ります。二上がりの合方の替え手を師匠が弾いてくださるんですが、時々自分が迷子になった気がします。替え手格好いいです。

写真は佐門譜、いろは譜ともいうやつです。

長唄「小鍛冶」を吹いてきました


2011年から参加しているアマチュア主体のメンバーの一人として「小鍛冶」を吹いてきました。

小鍛冶はお能からきており、笛も能管だけの曲になります。手組は比較的シンプルで能管の稽古を始めると割と初期にお稽古する曲です。なので最初に稽古したときは取りあえず指と字配りが合っていればそれで上がりとなるので、曲を煮詰めるということはありませんでした。

使われる主な手は、セリ、来序、働キ。今回の目標はいかに唱歌っぽく聞こえるに吹けるか、ということでした。セリの冒頭「ヒャイトウロ ヒャリヤリヤリ」という風に聞こえるか。どうでしょう?少しか感じが出てきたように思います。自画自賛です(^0^;)

ここで面白い比較を。2011年に別な会で小鍛冶を吹いているので、セリの部分だけ取り出してみました。

2011年


2018年(今回)

こうして聞くと少しはしんぽしているのかなあ、と安心?します。でも安心ばかりしてもしょうがありません。プロの方の演奏ははるか彼方です。音の飾りの付け方、アタックの強さとか、私なんか屁のカッパですね。

話変わって、今回の演奏全くノーミスというわけではありませんでした。普段やらないミスをしたりしてます。やっぱり緊張しているせいだと思います。よく自分は落ち着いて見えるらしいんですが、本番はやはり緊張します。でも少し緊張するくらいが良いとも思っています。

昔は不安、音が出なかったらどうしようとか、間違ったらどうしようとか、を理由とする緊張が多かったように思いますが、そういった意味での緊張はなくなってきました。これは場数を踏んできたおかげでしょうね。大勢の前に出て吹くことに良い意味で慣れてきたからです。

あと少し誤魔化すことができるようになってきたのかな。間違ったときになんとか元に戻れる。周りの音が少し余裕を持って聞けるようになってきました。

いずれもやはり何度も舞台に出させてもらったおかげでしょうね。いろんな機会をいただいた皆さまに大感謝です。

今回のフルバージョンの録音です。よろしければお聞きください。

鐵砲洲で祭囃子


5月4日銀座五丁目東町会にお世話になり、祭囃子を演奏してきました。師匠の演奏をたっぷり聞けて幸せでした。

長唄「竹生島」を吹きました


大田区のある三味線弾きの方にお誘いいただき、大田区のイベントで吹いてきました。

三挺三枚、お囃子です。プロの方々に混じらせていただいての演奏でした。越後獅子、橋弁慶と続く三連ちゃんのトリです。笛は能管のみで、出端、神舞、早笛、働きとか、けっこうてんこ盛りです。

反省点から書くと、出だしの次第のヒィーヤーヒィーがひどい音。後で師匠に聞いていただいたら、ギリ、セーフと笑いながら言われました。師匠でも幕開きのヒィーは今でも緊張するそうです。ふくふくさんもその辺の怖さがわかったなら、半分プロですよ、なんて慰められたのか褒められたのか(笑) でも、ほんと怖いです。ちょっと吹き方とかルーチンがルーズになっていたんだと思います。この機会にもう一度見直して取り組まないと。

神舞はもっと力強く。早笛はフレーズのお尻が延びすぎ。働きは手を間違えましたが、寸法合ってたのでまあセーフとの講評をいただきました。

その他、もうただ吹くだけではダメみたいな、高度な要求がありました!それが一番難しいです。ねえ師匠(笑) 頑張ります!

長唄「竹生島」 2018-04-21 大田区某ホール 能管で参加 *舞台上で録音したものです

三味線お浚い会がありました!


すっかり書かなくなってしまったブログです。書かなくなるといっそう書く気が無くなる悪循環ですが、ちょっと落ち着いてきたので少しずつ書いていきます。

ことの発端は忘れましたが、ひと月の間に笛の舞台2つ、三味線お浚い会が入ってしまいました(^0^;) これは素人の自分には凄くきついことは受ける前からわかってはいたのですが、まあ、やらんといけなくなったので引き受けた訳です。

先日の越後獅子から2週間ちょっとでこの三味線のお浚い会だったんですが、一番やばいと思っていました。17分くらいのを暗譜ですよ!暗譜の苦労は笛の比ではありません。あっ!ちなみに曲は「橋弁慶」でした。本番一ヶ月前にまずは暗譜を目標に年が明けてから取り組みました。今までの暗譜と今回はちょっと違います。何故なら長唄と言いながらこの「橋弁慶」は謡うような唄で、その台詞に合わせて弾く部分がすご~く多いのです。例えば、「むさしぼう~」の「ぼ」にテンを当てる、みたいな感じです。こんなのがてんこ盛りなので、フレーズ自体は難しくないのですが、歌の流れを覚えてポイントの歌詞を頭に入れないと弾けないのです。今までは三味線のメロディーを覚えれば良かった曲ばかりなのが、ある意味それと反対の曲です。長唄の中で特にお能からきた曲にこの手のものが多いようです。

それから今回心配事がもう一つ、下浚いが諸般の事情で無かったのです(T_T)。これは正直困りました。この曲こそ下浚いしたかったです。お稽古は師匠が唄ってくれますが、助演の先生方とリハしておきたかった。まあ、無いものはしょうがないので師匠との稽古を信じてやるだけです。

さて本番です。全体的にはまずまず。自分的には予想以上にできたように思います。最初のドンテンの連続から、ドツツン以降、この出だしがつまずくとまずいと思っていたところを無事に通り抜けられたのが大きかったと思います。ただ、スカバチが怖くて、けっこうバチのところを見てしまったので、動画で見ると顔が下向きすぎでした。

長唄「橋弁慶」 2018-04-08 神保町 三味線お浚い会 *観客席から録音したものです

↑ちょっと音質良くないのはご容赦ください

それから、今回出番が後ろの方だったので、控え室で何回か練習できたのも良かったようです。ギリギリまであがいてみるものですね。

さて、次は何の曲になるでしょう?

長唄「越後獅子」を吹きました


お囃子の知人からお声がけいただき、長唄「越後獅子」の笛を吹きました。

もともとはお三味線のお浚い会なんですが、会主のご好意によりひとつ番組を出させていただいているような状況です。私にとっても立派な唄・三味線・囃子の中に混ざって勉強できる良い機会です。

さて、出演を承諾したものの問題が一つ。「下浚い」と「本番」しかありません。プロの方ならなんら問題ないんですが、素人の自分にはかなりの難関です。幸い「下浚い」と「本番」の間が2週間ほどあるのでよい下浚いをしてそれを練習音源にしたいところです。

なので下浚いまでに自分である程度本番に近い出来に練習しないといけません。越後獅子、お笛をお稽古するとわりと早い時期に練習する曲なんですが、今回は三味線べたつきでない笛を目指しました。師匠にある程度その辺は以前お稽古してもらっているので、この機会にさらに練り上げていくことを目指しました。

それから一ヶ所だけ、笛に入るタイミングが三味線の演者というか流派によって違うところがあってそこはもう下浚いで確認するしかありません。

そんなこんなで昨日本番でした。自分的には反省点はもちろんあるのですが、何とか及第点はあげられるかな。

一番の反省はちょっと雑な感じに聞こえることと、3メリを外したヶ所が、ああ~って感じです。

良かったのは竹笛の全体的な調子が三味線と合っていたこと、楽しい感じが出せたかなって。

よい勉強をさせていただきました。

小鍛冶が終わってしまった…


弾き唄いの楽しさを教えてくれた小鍛冶がいったん上がりとなってしまいました。通しで弾き唄いして、注意点は一オクターブ上げて唄うこと。練習は二本調子くらいでやるんですが、そのときはオクターブ上げるようにとのことです。声が低すぎるようです。しかし、この一オクターブ上は私にとっては至難です。高い声出ないんですよ。師匠は慣れてくれば力が抜けて出るとおっしゃりますが…。ん~、ボイストレーニング研究してみようと思います。

で、来年4月にお浚い会をやることが決まったのでそれの曲を決めましょうとのことで、鞍馬山をリクエストしたんですが被っているとのことで橋弁慶に決まりました。自分的には唄も唄う、この曲の場合は謡うって書いた方がしっくりする感じかな、弾き唄いできるようやってみるつもりです。

稲荷山~


長唄三味線の方ですが、最初は家で練習していても全然形にならず、弾き唄いはまだ早かったのかなあ、等と思ったりしたんですが、継続は力です。なんかほんの少しずつですが、形になってきました。

師匠のお手本はもとより五郎治さんやら伊十郎さん、東音宮田さんの唄を聞いたりもしました。ほんと人それぞれ唄い方違うんですね。これは自分が唄うようになったからわかったことでもあります。最初の「いなりやま~みつのともしび~」という節だけとっても四人四様です。師匠からはなるべく素直に唄うよう言われています。

お稽古の方もずーっと三味線先行で唄はつぶやくように唄っていましたが、先日のお稽古で初めて自分がタテみたいな感じでの弾き唄いのお稽古になりました。これがまた難しい。あいまいに唄ってきたところは見事に音を外してしまいます。どういう風に節を回すか、微妙なところを直すと、あらっ!なんか少し長唄っぽくなるじゃあありませんか。

凄く楽しいです。

勧進帳の笛@川崎邦楽祭


個人的に勧進帳という曲が好きです。なので笛の出番は少ない曲ですがいつかは舞台で吹いてみたいと思っていました。時間の関係でごっそり抜いているので、次第も短いやつ、ノットも無し、延年の舞いもなかったのですが、それでも凄く楽しかったです。

練習や本番で一番不安だったのが、滝流しが終わって舞三段のところの入り口でした。それと、続けて吹く片シャギリ。チリカラスタッポン、ヒィーと入ってからのテンポのキープが何気に難しいです。本番では途中指がもつれたりしましたが、間が崩れず吹けたのでそれが凄く自分的にはホッとしました。

出だしのヒィーヤーヒィーは、重く吹かなければいけないんですが、緊張から出だしのヒィーがかすれ、すぐヤーにいってしまい結果軽いものになってしまいました。反省です。

段切れのヒィーヤーヒィーは、なかなか良い感じでした。

長唄「勧進帳」 2017-09-30 川崎市某ホール 能管笛で参加 *観客席から録音したものです

今回の三味線のメンバーが一部替わったりしましたが、会主のSさまが本当に素晴らしい方で準備やらなにやらとやっていただいて、本当に気持ちよく参加できました。他の参加者も同じ気持ちだと思います。勧進帳のタテ三味線も立派でした。

来年も是非参加させていただきたいです。

徳島阿波おどり


徳島に11日~14日行ってきました。前夜祭見て、徳島の友人と飲んで、徳島の無双連に入って三味線弾いたりと、楽しい4日間でした。