小鍛冶が終わってしまった…


弾き唄いの楽しさを教えてくれた小鍛冶がいったん上がりとなってしまいました。通しで弾き唄いして、注意点は一オクターブ上げて唄うこと。練習は二本調子くらいでやるんですが、そのときはオクターブ上げるようにとのことです。声が低すぎるようです。しかし、この一オクターブ上は私にとっては至難です。高い声出ないんですよ。師匠は慣れてくれば力が抜けて出るとおっしゃりますが…。ん~、ボイストレーニング研究してみようと思います。

で、来年4月にお浚い会をやることが決まったのでそれの曲を決めましょうとのことで、鞍馬山をリクエストしたんですが被っているとのことで橋弁慶に決まりました。自分的には唄も唄う、この曲の場合は謡うって書いた方がしっくりする感じかな、弾き唄いできるようやってみるつもりです。

稲荷山~


長唄三味線の方ですが、最初は家で練習していても全然形にならず、弾き唄いはまだ早かったのかなあ、等と思ったりしたんですが、継続は力です。なんかほんの少しずつですが、形になってきました。

師匠のお手本はもとより五郎治さんやら伊十郎さん、東音宮田さんの唄を聞いたりもしました。ほんと人それぞれ唄い方違うんですね。これは自分が唄うようになったからわかったことでもあります。最初の「いなりやま~みつのともしび~」という節だけとっても四人四様です。師匠からはなるべく素直に唄うよう言われています。

お稽古の方もずーっと三味線先行で唄はつぶやくように唄っていましたが、先日のお稽古で初めて自分がタテみたいな感じでの弾き唄いのお稽古になりました。これがまた難しい。あいまいに唄ってきたところは見事に音を外してしまいます。どういう風に節を回すか、微妙なところを直すと、あらっ!なんか少し長唄っぽくなるじゃあありませんか。

凄く楽しいです。

勧進帳の笛@川崎邦楽祭


個人的に勧進帳という曲が好きです。なので笛の出番は少ない曲ですがいつかは舞台で吹いてみたいと思っていました。時間の関係でごっそり抜いているので、次第も短いやつ、ノットも無し、延年の舞いもなかったのですが、それでも凄く楽しかったです。

練習や本番で一番不安だったのが、滝流しが終わって舞三段のところの入り口でした。それと、続けて吹く片シャギリ。チリカラスタッポン、ヒィーと入ってからのテンポのキープが何気に難しいです。本番では途中指がもつれたりしましたが、間が崩れず吹けたのでそれが凄く自分的にはホッとしました。

出だしのヒィーヤーヒィーは、重く吹かなければいけないんですが、緊張から出だしのヒィーがかすれ、すぐヤーにいってしまい結果軽いものになってしまいました。反省です。

段切れのヒィーヤーヒィーは、なかなか良い感じでした。

長唄「勧進帳」 2017-09-30 川崎市某ホール 能管笛で参加 *観客席から録音したものです

今回の三味線のメンバーが一部替わったりしましたが、会主のSさまが本当に素晴らしい方で準備やらなにやらとやっていただいて、本当に気持ちよく参加できました。他の参加者も同じ気持ちだと思います。勧進帳のタテ三味線も立派でした。

来年も是非参加させていただきたいです。

徳島阿波おどり


徳島に11日~14日行ってきました。前夜祭見て、徳島の友人と飲んで、徳島の無双連に入って三味線弾いたりと、楽しい4日間でした。

 

江戸囃子 お稽古


凄く速いテンポになったときの大太鼓・鉦が全然ダメ。師匠からもそのへんを指摘されました。師匠いわく、練習すればできるようになります。それといつも同じ手を無理に打たなくても良いとのこと。ドドストストスト~は超高速では無理があるので手数の少ない手にするとか。

要は良い囃子になっていれば何を打っても良い、後は自分で研究しなさいということです。

速さは慣れることがまずは必要なので家でその辺を地味自主トレしないとダメですね。

笛は味わいのエッセンスと、玉に合わせて笛を吹く稽古でした。何とか止めの手を聞き取って吹けた。これは少し進歩。家での自主トレが利いてます。

太鼓も笛も終わりはないですね。

ダメだし「乱序・狂い」


長唄の笛の久しぶりの稽古でした。曲は「英執着獅子」で、今回は獅子物で付きものの「乱序・狂い」を見ていただきました。吹き終わって、師匠が難しい顔をされています。あれ、そんなにひどかったかな?自分的にはそこそこ吹けたんではないかと。そんな甘い考えは吹き飛びました。師匠に言わせると、能管が全然鳴っていないと。師匠はもう長い間私の音を聞いています。私が気がつかないようなことも気がつく方です。その方がそういうんですかそうなんだと思います。

能管の蜜蝋をチェックされて少し少ないかもしれないとのこと。この部分は私自身で調整しているのでそのせいかもしれません。まずは録音の音を聞いて判断しようと思い稽古を終了しました。

で、家に帰って録音を聞いてみます。自分的にはなんとか及第点かなとは思うのですが、数日前の師匠の演奏の音を思い出すと、確かに全然鳴っていないのは明らかにわかります。師匠はそこを目指せってことなんだろうな。ありがたいことです。褒められるのはもちろん嬉しいんですが、もっと上に行けるよ、っていうダメだしをいただけるのは同じくらい嬉しいことです。

蜜蝋の方も何度か試行錯誤して、多少鳴るような感じに再調整しました。師匠の耳は確かですからもっといい音鳴らさないと能管にも申し訳ないし。

がんばろう!

弾き唄いに挑戦「小鍛冶」


お浚い会が終わってから初めての稽古がありました。事前にメールで弾き唄いに挑戦したい旨を伝えてありました。ダメとか無理とか言われるかもしれないと思っていましたが、あっさりOKでした。あ~、師匠ってそういう方だよなと、弟子の希望をできるだけかなえてあげようとする方だよなと、改めて思いました。

いくつか弾き唄いしたい曲の候補はあったのですが、師匠から最初はこれがやりやすいでしょう、ということで小鍛冶になりました。私も馴染みのある好きな曲なので楽しみです。

さて、師匠から弾き唄いの修得方法として、幾つかキーポイントを教えていただきました。

まずは、三味線の手を覚える。次に唄だけ唄えるようにする。最後に三味線と歌を合わせる。字配りが大事ですよ。とのことでした。字配りとは唄のフレーズが三味線のメロディーの中にどう配置されているか、ということです。

乞うご期待です!

還暦ひきだるま


長唄三味線のお浚い会でした。今回は師匠の稽古場がある東京・浜松・京阪・博多の合同お浚い会を小松のホールで行いました。土曜日下浚い、日曜日本番・夜打ち上げ、月曜日帰京というなかなかハードなスケジュールでした。たぶん私たち以上に師匠・助演の先生方が大変だったのではないかと思います。何しろ2日間で64番組ですから。

私は今回「風流船揃」を弾きましたが、ん~沈没しましたね~。いきなり間違えるし、膝ゴムがうまく袴となじまず三味線が落っこちないように抱えながらの演奏になったり、汗で調子変えがうまくいかず、そちらの方に気を取られて肝心の演奏に集中しきれなかったのが原因と反省中です。特に一の糸を上げきれず、後見の方に修正していただきました。後見にしっかりした人がいると安心ですね。ただ個人的には後見の方の手を煩わせないようにしたいです。

今回下浚い・本番と手汗が半端なく、これは今回のお浚い会の開催時期とかにも関係があったかもしれません。通常2~3月の寒い時期にやっていたのを5月末ということで気温が高く、何もしなくても汗がじわっとくるところに、ホールの照明が強力で舞台上が暑かったせいかなと。

以前から、汗が出る方なので本番前に石鹸で手を良く洗っていて今までは何とかなっていたのが、今回はそれ以上の暑さだったようです。もちろん緊張はしてましたが、上がる程ではない適度の緊張感だったので身体的な問題のような気がします。

何か対策を考えないといけないと帰りの飛行機の中で考えて、ある方法を考えつきました!今度の本番で試してみます。

夜の打ち上げは楽しかったですね。いつも本格的な余興がありそのレベルの高さにビックリです。私もちょこっと手伝わせていただきました。ほろ酔いで能管の手が怪しかったですが、なんとかお役に立てたかなあ~。

お浚いかが終わると次の曲になりますが、さて何なるでしょう。師匠に一つ希望をお願いしようと考えています。こうご期待です。

下浚いの様子

いよいよ三味線お浚い会


お浚い会前の最後のお稽古。いつもは向かい合わせで弾くのが今日は同じ向きに並んで演奏。一回弾いて終わりの予定が、師匠が危ないとみたのか三下がりのところを復習。ちなみに「風流船揃」を弾きます。

それから余興の打ち合わせ。なんと内容が変更になってた(;゚ロ゚)。慌てふためく自分。要所を教えていただくが大丈夫か自分?風流船揃だけでなく、合奏の「まつり」、余興とキャパオーバーかも。でも凄く楽しみ!