怒濤の一週間 その二 阿波おどり


 「おどれ高円寺セシオン2013」 土曜日の第一部と日曜日の第二部を見てきました。2日間で16連見たんですが、ひと言で言うと楽しかったです。

 全体的な感想としては、8連出ると各連正味の演舞時間が8分くらいなんですが、これは短いですね。あっさり短めが好きな私でも、今回あ~、もう終わっちゃうんだ~、と思うこと多々ありました。やっぱり10分は欲しいかな。15分は長すぎます、私的には。出演連の数とか1部と2部同じ連が出るという形も要検討じゃないかな。座高との棲み分けとかも。

 あと、土曜日は座席が鳴り物のすぐ横なんですが、あそこだと生音が聞こえて、マイクを通した音、特に笛・三味線の音が、たぶん他の座席と聞こえ方が違うんですね。

・「てやんで~」という小芝居にはびっくりした。
・鳴り物人数は天狗さんが一番多かったかな。女踊りの人数も。
・江戸っ子連長さん、ツケ板打つの上手い!
・飛鳥連さん、三味線で四丁目。これはみどケロさんがいつか舞台でやりたい、といってたやつ。やられた~、といってもしょうがない(涙)
・飛鳥連さんの笛方さん、篠笛で能管っぽく吹くのスゲーと思った。けど家帰ってやってみたらすぐできた(笑)。
・某連さんの音だしスタート、スゲードキドキした。破綻寸前だった(汗)。
・朱雀連さんの脇に引っ込まない手法、構成面白かった。たぶん時間短縮の意味もあったと思う。
・志留波阿連さん、鳴り物さんにも新しい衣装を作ってあげたくなった(笑)。
・小金井の某連長さん、舞台と鳴り物2丁拳銃で録画してた!
・そのパート、ホントに必要なの?なんて思わせないで欲しい。
・三味線が囃子のベースにある音が好きだ。打撃系が嫌いな訳じゃないですよ、念のため。
・天翔さんの男踊りのマスゲームは好き嫌いは別にして、凄いと思った。
・ん~、正直お金取って見せるもんじゃないでしょ。この踊り。
・やっぱりその場所はMさんがいないとなあ~。
・一拍子系が舞台に出るのが高円寺の良いところ。

 とまあ、こんなところです。本番は家でケーブルテレビで見てました。うちのケーブルテレビはJCN系だったんですが、JCOMと将来合併されるみたいで、今年から見れるようになりました。カメラは中央演舞場のテント前から終点くらいまで。解説少なめで、なかなか良かったです。全部で50連くらいは見れました。

 さて、来年はどうしてるかな。

怒濤の一週間 その二 阿波おどり” への1件のコメント

  1. ピンバック: ブログ版 「からだで感じる」阿波踊り

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*